テーマ:模型

ガンプラ W杯 開催!!

        バンダイが20日に、「機動戦士ガンダム」のプラモデルの世界一を決めるコンテスト         「ガンプラビルダーズワールドカップ2011」を、世界13カ国・地域で7月から順次開催するらしい。        世界規模で開催される ガンプラコンテストで、 今年は大いに盛り上がりをみせそうですね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

静岡ガンダム 開幕から1ヶ月で50万人突破!!

                ~ 8月24日夕刊   地元新聞 静岡新聞より ~              来年3月27日までに 来場者90万人を予想していた静岡ガンダムが               僅か一ヶ月で目標の半分を達成したと言う事です。 凄すぎ(笑)              お盆休みの期間だけでも2万人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【 第49回 静岡ホビーショー 】 レポートその13

 今回モデラーズ合同展示会に参加した実車の中で、設定上の実物サイズと同じ大きさのジオン軍用車両とは別に              旧ドイツ軍の ケッテンクラート を実際に走れるようにフルレストアしたものが有りました。                      ケッテンクラートは、第二次世界大戦期にドイツで…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【 第49回 静岡ホビーショー 】 レポートその12

         モデラーズクラブ合同作品展の中で 映画で活躍した模型も展示されていました。            「オールウェイズ 三丁目の夕日」より 鈴木オートです。          店内の様子が細かいパーツで見事に再現されていて、本当に素晴らしい作品です。          同じく 茶…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【 第49回 静岡ホビーショー 】 レポートその11

                 モデラーズクラブ合同作品展の中で 個人的に気に入った作品は                              アニメ 「ストラトス・フォー」で活躍する 1/48 BAC TSR-2                  1957年に超音…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【 第49回 静岡ホビーショー 】 レポートその8

                            アオシマ模型 からは 30年前に一大ブームを巻き起こした              「スーパーカー ランボルギーニ・カウンタックLP400」 が新発売されます。        今回は実車が堂々と展示されて、参考出品されたプラモと 比較できる様に展示してありました。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【 第49回 静岡ホビーショー 】 レポートその7

             飛行機で有名な プラモデルメーカー ハセガワ模型 ブースでは             第2次世界大戦の ドイツ空軍の制服や戦闘機の部品が置かれていました。                         あまり戦闘機乗りの名前や機種名は詳しくないので 展示…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【 第49回 静岡ホビーショー 】 レポートその6

             静岡ホビーショーと同時に開催されている 「モデラーズクラブ合同作品展」             毎年楽しみなのは、そこに参加されて着実に精度を上げて 完成させている           「宮崎メカ模型クラブ」の腰痛さんが作る 「1/6スケール 装甲ロボット兵ラムダ」が有ります。    …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

【 第49回 静岡ホビーショー 】 レポートその1

         まず最初は静岡を代表する 世界の田宮模型から しぶ~い 新製品です!           三菱 一式陸上攻撃機    細か~いテクスチャも魅力的でした!!                       1/48  三菱艦上零式戦闘機 二二型/二二型甲          …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【 第49回 静岡ホビーショー 開催 】

     今年も恒例の 世界最大の模型ショー 「第49回 静岡ホビーショー」 が 開催されました。        今年も各企業の新製品や企画中の商品が目白押しという事なので大変楽しみです♪        一般公開は 明日土曜日の15日、日曜日の16日 AM9:00 から 先着千名に        プラモデルがプレゼン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

静岡の誇る模型産業 タミヤ MMシリーズ 300作品突破!!

    静岡唯一の模型メーカー タミヤの 1/35 ミリタリーミニチュア・シリーズが 遂に300作を突破しました。 地元新聞 静岡新聞に取り上げられた記事を見て、  おお~っ!! と声を上げてしまったのは私だけでしょうか(笑) 1968年から41年目を迎えた タミヤは 戦車以外にも色んな模型を作ってきましたが、 燃料高等…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

2009年 2月22日 は マクロス発進の日

  今から25年前に放映された 「超時空要塞マクロス」は 今日、西暦「2009年2月22日」に 進宙式 を迎えました。        SF物全般に言える事ですが、昔は21世紀には宇宙に行けると考えていたのでしょうね(笑)                 今年は去年放映された 「マクロスF(フロンティア)」…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

なつかしのラジコンカー 第47回 静岡ホビーショーにて 

            先日の静岡ホビーショーにて、タミヤオープンハウスでの出来事です。       そこで、自分が中学生の頃、お小遣いやお年玉を貯めて初めて買ったラジコンカーに出会いました。         それは、1/12のスケールモデルをそのまんまボディで使っていた ポルシェ935です。         …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

シャーマン戦車を作ろうと・・・

                                         思い立つと どっぷりとハマってしまうんですよね~(苦笑) 自分が昔買ったプラもがこれでした。 TAMIYA シャーマン戦車の中でも限定販売されていた”ジャンボ”です。 上の写真のシャーマンはヤフオクで落札しました。キッ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

【タイガーⅠ 戦車をつくろうと・・・】 ようやく完成しました!

             一通りの作業が終わり、まずは完成と言うことで               あまり派手な汚しは掛けていません。                後姿も、最後後期型はあっさりとしていますね?         対空機銃の照準もエッチングパーツで付けるのには少し苦労し…
トラックバック:4
コメント:28

続きを読むread more

《タイガーⅠを 作ろうと・・・》 タイガーⅠ 下地塗装開始!

                 一通りの工程が終わり、いよいよ塗装の開始です。         ベースとなる色は、TAMIYAアクリルカラー XF60 ダークイエロー です。                     単色だと戦車らしくないですね(笑)       アクセサリー類は後付けで、…
トラックバック:5
コメント:2

続きを読むread more

「ツィンメリット・コーティング作業が終わり・・・」 タイガ-Ⅰを作ろう! その後

          車体全体に、あらかたコーティング処理工程が 終わりました。 最近の模型誌を読んでいると、エポキシパテにてコーティングされている様ですが、 思っていたより パテが均等に伸びず、またローラーに張り付いてしまい、うまく表現が出来ませんでした。             やっぱり作り手の経験値が 足り…
トラックバック:3
コメント:6

続きを読むread more

《タイガーⅠ戦車を作ろうと》 30年振りの ツィンメリット・コーティングに挑戦!!

長いこと作成に暇が掛かってしまいましたが、ようやく細かいパーツのバリ取りも終わり     いよいよ 「ツィンメリット・コーティング」の作成に掛かることにします。 今から30年前に、地元のホームセンター内に有った「おもちゃのイイダトーイ」で半年に一度、 プラモデルコンテストが開催されていて、自分の腕試…
トラックバック:3
コメント:6

続きを読むread more

タイガーⅠ戦車を作ろうと・・・

先月のモデルグラフィックス 11月号で、ゼロ戦特集を読んでから久し振りに戦車を作ろうと Yahoo!オークションで落札しました。 本当はNAO310さんの影響もあるかな?(笑) 作るつもりで買ったまましまい込んでいたプラモデルが、いつしか不要の物になってしまい オークションなどで処分してしまう傾向が最近多いようで、買う…
トラックバック:3
コメント:30

続きを読むread more

たらこ・たらこ・たらこ 【いっ! いけませんか!?・・・ 】やっぱり、流行には勝てない・・・

                 今、ちまたで流行っている曲は たらこキューピーの歌 【たらこ・たらこ・たらこ】                      息子と娘が 夢中になっています。                 CMでこの曲が流れると、子供たちは急いでTVに向かって来ます。    …
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

【 第45回 静岡ホビーショー 】の後で 毎年恒例のタミヤ本社 『オープンハウス』

今年も無事終了した静岡ホビーショー 今年で45回目を向かえ、年々家族連れが 多くなってきた様に思います。 同時に開催される タミヤ模型本社 でも タミヤスタッフさんが、訪れたお客さんに 会社内の色んな施設や現場などを開放し、 商品や組み立て方、色の塗り方などを 丁寧に説明をしてくれました。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

【山田卓司展 開催中】世界的に有名なこのプロップまで!!

浜松市松城町にある 「浜松美術館」において 模型情景師 「山田卓司」先生の展覧会が開催 されました。 そこには情景や怪獣、ガンダムなどの他に 劇場で恐怖のどん底まで落とされた主役達も 展示されています。 当時有名だった『スター・ウォーズ』の公開から 2年後の1979年5月に、20…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

【情景王物語】物作りの聖地浜松から 山田卓司展 開催中!

2006年4月29日(土)から5月28日(日)までの間、 浜松市松城町にある 「浜松美術館」において 模型情景師 「山田卓司」先生の展覧会が開催されました。 山田卓司先生は 静岡を代表するプロモデラーで 有名な方です。 きめ細かな演出と塗装技術を持つ山田先生は プラモデルを…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

【ルパン三世 永田重工 装甲ロボット兵ラムダ】

「永田重工」の口車に乗せられ、国防省の委託を受け  武器開発を行っていたロボット研究者「小山田鉄一 博士」 破壊兵器として 悲しい運命を背負った     「装甲ロボット兵 ラムダ」 このロボット兵ラムダも そして戦車や人間の武器も  宮崎アニメの中では とても魅力的に描かれていました。 …
トラックバック:3
コメント:14

続きを読むread more

【昔ながらのプラモ屋さん】地元の古い模型店

最近ではめっきり減ってしまった         町の小さな プラモ屋さん。 戦車や飛行機、スーパーカーなど、欲しいプラモが 所狭しと並んでいて、お小遣いやお年玉を手に握り締め ウキウキしながらお店に駆け込んだ。 そんな遠い昔の記憶が、ここには今でも蘇ります。 ここは地元の町外れにある小さな模型…
トラックバック:2
コメント:24

続きを読むread more

【赤い彗星のシャア】『機動戦士ガンダムマキシマムモビルスーツフィギュア』第2弾

NAO310さんの所でお話が出たプライズ品が欲しく、 地元で評判の リサイクルショップ店へ♪ 以前から欲しいと思っていたので、買ってしまいました。 でも良く見ると、ダイキャスト・クリエィティブシリーズでは ありませんでした。 2005年、バンプレストのプライズ専用(クレンゲーム)商品です。 機動戦士ガンダムよ…
トラックバック:2
コメント:13

続きを読むread more

【本郷 猛は 改造人間である!】34年の時を超えて 再び!!

1971年4月から放送された 大ヒット特撮ヒーロー 「仮面ライダー」 優れた科学者であり、実力派のオートレーサーでもある本郷猛は ある日、その能力を見込んだ悪の組織"ショッカー"に拉致されてしまう。 やがて"ショッカー"によってバッタの能力を持つサイボーグに改造されて しまった猛は、続いて行われる脳改造の寸前に恩師の…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

【可動戦士ガンダム】赤ザクと量産ザク

ザクの模型はプラモデルばかりではありません。 この「可動戦士」は、アニメのフォルムを忠実に 再現したモデルです。 腰アーマーは軟質樹脂で再現されていて、 劇中のザクがコロニー内に入るシーンが再現 できます。 25年前のアニメですので、足は不自然に太くて 短く、スパイクアーマーもけして役に立ちそうな 大きさでは…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

【ガンプラ300円シリーズ MS05 旧ザク】

ガンプラが出始めた頃はとてもお手ごろ価格でした。 子供たちにとっても、憧れのロボットプラモが300円と 言う値段は手が届きやすく、作る楽しみもありました。 実際作ってみると、意外と設定とは違っていたりします。 この旧ザクは、劇中ではほんの一話しか出ませんでしたが ジオン公国軍最初のモビルスーツという設定でデビューし…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

【赤い彗星と呼ばれた ザク】ガンプラ世代☆

ガンプラが発売されてから25年の歳月が経ちました。 発売された当時は、主役メカ以外がこれほど人気が 出るとは思いもよりませんでしたが、当時子供だった 私たちは、一回きりで登場しなくなってしまう脇役メカ とは、何か一線違う物を 感じていました。 赤い機体と言うより、ピンク色ではないか? と言う印象がとても強…
トラックバック:4
コメント:19

続きを読むread more