テーマ:タミヤ

【 第49回 静岡ホビーショー 】 レポートその1

         まず最初は静岡を代表する 世界の田宮模型から しぶ~い 新製品です!           三菱 一式陸上攻撃機    細か~いテクスチャも魅力的でした!!                       1/48  三菱艦上零式戦闘機 二二型/二二型甲          …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

静岡の誇る模型産業 タミヤ MMシリーズ 300作品突破!!

    静岡唯一の模型メーカー タミヤの 1/35 ミリタリーミニチュア・シリーズが 遂に300作を突破しました。 地元新聞 静岡新聞に取り上げられた記事を見て、  おお~っ!! と声を上げてしまったのは私だけでしょうか(笑) 1968年から41年目を迎えた タミヤは 戦車以外にも色んな模型を作ってきましたが、 燃料高等…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

シャーマン戦車を作ろうと・・・

                                         思い立つと どっぷりとハマってしまうんですよね~(苦笑) 自分が昔買ったプラもがこれでした。 TAMIYA シャーマン戦車の中でも限定販売されていた”ジャンボ”です。 上の写真のシャーマンはヤフオクで落札しました。キッ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

【タイガーⅠ 戦車をつくろうと・・・】 ようやく完成しました!

             一通りの作業が終わり、まずは完成と言うことで               あまり派手な汚しは掛けていません。                後姿も、最後後期型はあっさりとしていますね?         対空機銃の照準もエッチングパーツで付けるのには少し苦労し…
トラックバック:4
コメント:28

続きを読むread more

《タイガーⅠを 作ろうと・・・》 タイガーⅠ 下地塗装開始!

                 一通りの工程が終わり、いよいよ塗装の開始です。         ベースとなる色は、TAMIYAアクリルカラー XF60 ダークイエロー です。                     単色だと戦車らしくないですね(笑)       アクセサリー類は後付けで、…
トラックバック:5
コメント:2

続きを読むread more

「ツィンメリット・コーティング作業が終わり・・・」 タイガ-Ⅰを作ろう! その後

          車体全体に、あらかたコーティング処理工程が 終わりました。 最近の模型誌を読んでいると、エポキシパテにてコーティングされている様ですが、 思っていたより パテが均等に伸びず、またローラーに張り付いてしまい、うまく表現が出来ませんでした。             やっぱり作り手の経験値が 足り…
トラックバック:3
コメント:6

続きを読むread more

《タイガーⅠ戦車を作ろうと》 30年振りの ツィンメリット・コーティングに挑戦!!

長いこと作成に暇が掛かってしまいましたが、ようやく細かいパーツのバリ取りも終わり     いよいよ 「ツィンメリット・コーティング」の作成に掛かることにします。 今から30年前に、地元のホームセンター内に有った「おもちゃのイイダトーイ」で半年に一度、 プラモデルコンテストが開催されていて、自分の腕試…
トラックバック:3
コメント:6

続きを読むread more

タイガーⅠ戦車を作ろうと・・・

先月のモデルグラフィックス 11月号で、ゼロ戦特集を読んでから久し振りに戦車を作ろうと Yahoo!オークションで落札しました。 本当はNAO310さんの影響もあるかな?(笑) 作るつもりで買ったまましまい込んでいたプラモデルが、いつしか不要の物になってしまい オークションなどで処分してしまう傾向が最近多いようで、買う…
トラックバック:3
コメント:30

続きを読むread more

【 第45回 静岡ホビーショー 】の後で 毎年恒例のタミヤ本社 『オープンハウス』

今年も無事終了した静岡ホビーショー 今年で45回目を向かえ、年々家族連れが 多くなってきた様に思います。 同時に開催される タミヤ模型本社 でも タミヤスタッフさんが、訪れたお客さんに 会社内の色んな施設や現場などを開放し、 商品や組み立て方、色の塗り方などを 丁寧に説明をしてくれました。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

【日本の大衆車】タミヤ本社のショ-ル-ム スバルR2 と ホンダ・ステップバン

タミヤ本社のショ-ル-ムにある この貴重な2台 かつては日本のファミリ-ユ-ザ-に夢を与えた クルマでした。 まだ一般的に自家用車を持つ事が出来なかった 時代に、低価格で家族4人が快適に乗れる事を 目的に作られた 自動車です。 ここにあるクルマに そっと近付いてみると・・・ 走行距離が、まだ一桁に!! 新…
トラックバック:1
コメント:10

続きを読むread more

【 第44回静岡ホビ-ショ- レポ-ト】タミヤ本社の展示室

静岡ホビ-ショ-当日に 同時開催されていた タミヤ本社の『☆TAMIYA★ オ-プンハウス』 にて、 本社正門、受付より左に向かいの 社員用 エレベ-タ-先 右向こうにある 展示室。 そこには歴代のタミヤ模型の販売された作品が  展示されています。 入り口すぐに、目に付くのは 1/350 艦船シリーズ 『ア…
トラックバック:0
コメント:21

続きを読むread more

ドカティ 900(MHR) Mike Hailwood Replica

ドゥカティ社は、900MHRの最初のシリーズを 200台製造し、そのほとんどが英国で販売され 全ての79年式MHRには「証明書」が添付された 80年式では、フル・カウルはワンピースのままで 全てに小さな「Mike Hailwood Replica」デカ ールが貼られて、両サイドには ホワイトの大きな 「DUCATI」デ…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

【第44回静岡ホビ-ショ-レポ-ト】ROTUS・JPS ・FORD

コリン・チャップマン率いるチームロータス。 ロータスは それまでナショナルカラーだった マシンを スポンサーカラーに一新しました。 ロータスで有名なのがこのJPSカラーと呼ばれた黒と金色のマシン。 このモデルを初め、当時のマシンはサイドポンツーンの底面が ウィングの形状で、横にはサイドスカートという可動式の壁がつき …
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

【第44回静岡ホビ-ショ-レポ-ト】静岡のシンボルTAMIYA☆★

静岡ホビ-ショ-で、毎年恒例になっている TAMIYA模型本社の 一般公開です。 さすがに大きな会社で、今までのTAMIYA の模型の伝統が ここに博物館として 全の自社製模型が揃っています。 また往年の名車も 数多く展示されていて、前もって 予約すれば、見学する事が出来る素晴らしい場所です。 『「eif タイ…
トラックバック:1
コメント:18

続きを読むread more

【ホンダ プレリュ-ド 1982's】

2代目として登場した プレリュード は 知的で個性的なFFスペシャルティカーを コンセプトに1982年に発売されました。 エンジンは全域でスムーズな吹き上がりを 発揮するように開発されたCVCC・デュアル キャブ12バルブエンジンで 125馬力を発生 また、サスペンションは俊敏な操縦性と高速 安定性にすぐれたダブル…
トラックバック:1
コメント:13

続きを読むread more

【RGB-Γ】suzuki レ-シングレプリカ

私が中型2輪の免許を初めて取った頃 当時、発売されていたバイクで、 ナナハンキラ- と呼ばれていた 2サイクルの250ccバイクがありました スズキから販売していた 【RGB-Γ】 斬新なテ-ルデザインと、軽快な足回り フルカウルモデルで、カッコよかった! とても欲しかったのですが、当時はまだ学生で 手が出…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

【1/12 タミヤ ドカティ M・H・レプリカ】

私がまだバイクの免許取立ての頃 当時、飛騨高山に2年ほど住んでいました その時、顔馴染みになったバイク屋に、 いつもこのバイクが置いてありました。 休日になると、心臓が破裂しそうな音で 駆け抜けていく ドカティ に魅力を感じました いつか、こんなバイクと 余生を共にしたいと考えています。 …
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more