【ZERO to One】ブログ手記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【インプレッサWRXの ブースト圧が 0.6kg/cm2しか上がらない原因】 中古車購入時に注意!!

<<   作成日時 : 2011/02/24 10:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 1 / コメント 16

画像
今年に入り2度ほど二人のお客様から受けた
相談事です。


中古で買われたインプレッサが、思ったより加速が悪く
ブースト・メーターを見ても 0.6kg/cm2以上 上がらない
と言う現状が起こっているのです。



これはスポーツカー車が、前のオーナーがどんな物を装着していたか分からない為に、購入後に乗り始めてから感じる事が多いのです。



これからのお話は、今後のインプレッサWRXやレガシィGT・B4などを購入される前の目安の一つとして、
参考にして下さい。(もちろん、下記以外の原因もありますのでご了承下さい)




画像
まず現車のボンネットを開けて、エアクリーナーダクトを
見た時にあるはずの配管が、この様に塞がれてないか
確認してみて下さい。



これはデューティ・コントロール・ソレノイドバルブを
作動する為に必要な配管が 無い事が分かります。







画像
また、タービン(ターボチャージャー)付近の
アクチュエーターと それをバイパスする
バキュームホースが同じ様に、ソレノイド
バルブに配管されているかも 見る必要が
あります。











画像
インプレッサに限らず、スバルのターボチャージャーには、加給圧(ブースト)をある一定以上掛からないように、コンピューターで制御しているのですが、その制御の為に必要なディユーティ・コントロール・ソレノイドバルブが、社外品のEVC(ブーストコントロール)等を取り付けた為に配管を外され、それが元で壊れている事が多いのです。











それはノーマル・コンピュータで簡易的にブーストアップを図る時に、このソレノイドバルブを 取り外したり、ソレノイドバルブに接続する配線(カプラー)を外すとエンジン・チェックランプが点灯してしまう為に、その配管を蓋をしてしまったのが 原因として挙げられます。



画像
本来必要なこの配管(バキュームホース)自体は、それほど高い金額の物ではないのですが、ソレノイドバルブが、クルマの加給圧制御をする為に必要なバイパスが無くなっている為、
ECU(車載コンピュータ)はこれを故障と判断し、これ以上タービンに加給圧が掛からない様にセーフモードに書き換えてしまい、ブースト圧が、0.6kg/cm2以上出せない様に制御されてしまっている為です。







画像


これを直すためには当然、デューティ・コントロール・ソレノイドバルブ本体の交換、ならびにバキュームホースの取り付けが必要な他に、作業終了後にECUのリセットも合わせて必要となり、工賃と合わせると高い金額が掛かってしまう結果になります。








前のオーナーが、取り付けていた装備品を外してしまうだけでなく、この様に必要な部品を
元通りに戻さないで売ってしまう為に、中古車で買ったユーザーさんが結果、泣いてしまう事になっています。



またスピードメーター廻りに、以前ブーストメーターなどの取り付け跡が無いかどうかも購入前に良く見て、
販売店にも必ず聞いておく必要もありますね。




せっかくの高性能車も高いお金を出して買ったのに、この様な結果にならない様に
私達も注意が必要になってしまう事は、とても残念なお話しです。




スバル インプレッサ 2005 WRC




1/16 R/C REALDRIVE スーパービームシリーズ スバル インプレッサ 2005 WRC

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【GDB E型以降のインプレッサの足回りについて】購入前の注意点
高性能車として有名になった スバル・インプレッサWRXですが、現行のGDBで平成16年式E型以降の インプレッサの中古車を購入時に、注意して頂きたい点があります。 ...続きを見る
【ZERO to One】ブログ手記
2008/09/06 08:40

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
他で買った方がZERO to Oneさんのお店に相談に来るのですね
販売店はそのあたり整備して売ってるとはかぎらないということでしょうか??
昔の上野のバイク街みたいな事が今でもあるんだなァ、と思いました

NAO310
2006/07/07 03:06
NAO310様☆

今回の中古車は、日産だったりして専門ではない為事情を
分からず取り扱ってしまったのではないかと。

一般の乗用車と比べても、スポーツカーはリスクが高い上に
見た目で事故車では無いとしても、前のオーナーの扱いが
分からないのは残念です。
スバルも試乗車として降ろしているインプレッサWRXも
たかだか3千キロ足らずでクラッチ交換しなくてはいけなく
なるそうです。他人のクルマでそこまで無理な扱いをするのも
試乗車ならではなのでしょうか?
実際、色んなチューニングをしても売る時には外してしまう
のも分からなくは無いのですが、元に戻す事は最低限して欲しい
ですね。

ZERO to One
2006/07/07 16:25
はじめまして、windyと申します。
国産車で、魅了的なターボ車が少なくなって来ている現在、高性能なターボ車を造り続けているメーカとして、SUBARUさんは気になる存在です。ぜひ、このまま造り続けていただきたいですね。
まあ、自己責任で改造して、それを戻さずに売ってしまう、いい加減な人がいるのですね。為になる情報有難うございます。
高性能な車程、メーカーのメンテナンスは、必須なんですね。
今後とも、宜しくお願いします。
windy
2006/07/07 18:07
windy様☆

初めまして!コメント頂き有難う御座います。
おっしゃる通り、最近は排気ガス規制や低燃費重視に加え
ガソリンも高騰と、不安になる材料が多くなってきました。

スポーツカーやターボ車など、この先肩身の狭い思いを
して乗ら無くてはいけない時代が来ない事を切に願います。

チューニングは自分のクルマに対しても労わりや愛情を注いで
頂くとしても、次に乗る方が本当に良かったと思えるような
責任感は持ちたい物です。

そうでなければ、ただの暴走族と一緒になってしまうのは
メーカーさんにも、本当に辛い事と思います。

私もこれから先も お客様とのコミュケーションを通して、
良きアドバイザーになれればと考えています。

どうぞ、これからも宜しくお願い致します。
ZERO to One
2006/07/07 18:57
この年式のインプレッサが中古車として売買されているのですね.十分高性能な車を新しいうちに改造をして,長く乗らないうちに売却しまったのでしょうか.車もちょっとかわいそうだなと思いました.2人目のオーナ^が,車を健康な状態に戻して長く乗ってくれることを願います.
sunday driver
2006/07/08 07:34
sunday driver様☆

お早う御座います。今日はお早いですね(笑)

こう言った中古車は早く出回る事が多いですね。
多分色んな事情があると思いますが、程度が良い内なら
高値で出ますし、かえって年数が経てば経つほど値落ちが
早いクルマです。
まあ、スバルユーザーさんは結構大事に永く乗る方が多い
ので、珍しい事ですが(笑)
お二人のどちらの方も健康な状態に戻されました。
お人柄から大事にして下さりそうな方達でしたよ!

ZERO to One
2006/07/08 08:26
日本国内どこで走ってもノーマルで十分すぎるほど速そうですけど・・・
出先で待ってる間にそこに置いてあった読んだ自動車雑誌にセリカが特集されてました
ダルマセリカを今でも大切に乗っているオーナーさんも紹介されてました
スポーツカーを長く乗り続けるのもいい趣味だな、と思います
NAO310
2006/07/09 00:53
NAO310様☆

確かに、インプレッサは年を追う事に進化していて、
これほど高性能なのに毎年更に良くなっていきます。

国内規制の280PSにもかかわらず、妥協をしない。
ピーキーかと思いきや街乗りでもとても乗りやすく
安全性も高い。ちょっと高価なのは辛いですけどね(笑)

ただ言われる通り触らなくても十分速いのですが、規制の
部分を触るだけでもっと性能が上がる所も凄いです。

レクサスの様に、高額で大排気量の350PSより2000ccで
ハイレベルの方が自分は好きですね。

いずれにしても、永く大事に乗って欲しいクルマです。

ZERO to One
2006/07/09 09:42
大排気量のレクサスとか2000ccのハイパワー車はどちらも然費が辛そうです
乗る人は相当に覚悟がいりますね
車に乗らない僕が言うのは無駄ですが、初代ユーノスロードスターやドイツの「YES」のような軽快な車が人気になって欲しいと思いました
NAO310
2006/07/09 13:44
NAO310様☆

ドイツのYes!、初めて知りました(笑)
また随分と贅沢なクルマですね?数千万円って・・・・

最近のハイパワー車は、意外と燃費良いんですよ!
インプでも12Km/l位はいきますし、乗り方にもよりますね。

ロードスターは好きなのは、基本的にバイクのような
オープンマインドなんですね?

ZERO to One
2006/07/09 21:50
エ??YES!ってそんなに高いの??
フォルクスワーゲンの1.8エンジンだそうなので、せいぜい光岡の車くらいかと思ってました
NAO310
2006/07/10 00:28
NAO310様☆

クルマは古いですが、バーキン・スーパーセブンや
ケータハム・スーパーセブンはトヨタの4AGやフォード
のエンジンを使っていますが、けっこうな値段しますしね(笑)

価値観が違うのでしょうね?


ZERO to One
2006/07/10 09:43
最近、ロータスにトヨタのカムリと同じエンジンが積まれるらしいですね
値段は解りませんが、セリカやMR-Sよりもずうっと高いでしょう
大金を払っても欲しいと思わせるだけの魅力があるものを作っているということでしょうか
以前読んだ雑誌ではヤマハはトヨタ以外の欧州メーカーにも供給してるんだそうです
ちょつと凄いな、と思いました
NAO310
2006/07/10 11:17
あ、ごめんなさい
カムリてなくてセリカのエンジンでした
http://www.carview.co.jp/news/1/2032/
5,600,000円・・・!!
NAO310
2006/07/10 11:20
NAO310様☆

日本の技術がそこまで信頼されれば嬉しいですね。
そう言えば、スバルからもサーブにインプレッサを
OEM?されたものがあります。
みたら素のまんまジャン!!って感じです。
http://www.saabusa.com/saabjsp/92x/index.jsp

http://www.drivingfuture.com/car/europe/sp031212_01/
ZERO to One
2006/07/10 13:36
NAO310様☆

トヨタとGMの共同開発されたキャバリエも
日本では今一つの人気でしたね。
クルマもただ作ればいいという物では無い気が
しますが、先日発表されたフィアットとスズキが
共同開発した「SX−4」はヨーロッパでは年間
販売台数が数カ月で売り切れになってしまったみたいです。

ZERO to One
2006/07/11 08:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
【インプレッサWRXの ブースト圧が 0.6kg/cm2しか上がらない原因】 中古車購入時に注意!! 【ZERO to One】ブログ手記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる